Topに戻る

  主宰者 関 健一略歴

1949年  東京都渋谷区に生れる
1958年  新宿牛込神楽坂近くに転居 爾来ここに住む
       地元愛日小、牛込三中を卒業
1964年  都立戸山高入学 芸術部写真班に入り本格的に写真を撮り始める
1968年  東京大学入学 写真文化会に入部 樋口忠男先生の指導を受ける
1972年  東京大学教養学部教養学科人文地理分科卒
1974年  日本写真学園研究科卒
       吉田 昭二氏の助手を勤める
1975年  日本写真学園の助手となり5年間勤務
1977年  並河萬里氏の助手としてアフガニスタンへ
1980年  日本写真学園を退職 関健一写真事務所設立
以来    フリーランスフォトグラファーとして 活動
現在   (社)日本広告写真家協会(APA)会員

 1983年以来日本写真学園講師として2005年の廃校まで「作品指導」「スタジオでの人物静物ライティング」「コンピューター画像処理」などを教えると同時にカリキュラムの作成にたずさわる。
  その他 昭和女子大オープンカレッジ NHK文化センター光が丘教室などで写真の指導を勤める。また 東京大学 清泉女子大学 御茶ノ水女子大学でも学生写真サークルを指導
 フォトテクニック誌ではクリエイティブ写真の審査を担当

  撮影分野 クライアント

主な撮影分野
 コマーシャル エディトリアル 
 商品 建築 インテリア フード ポートレート ダンス ヌード 海外風景
 イメージ 合成写真 コンストラクテッドフォト

主なクライアント
 旭化成ヘーベルハウス 三協アルミニウム工業 全国生協連 ホテル西洋  郵政省
 徳間書店 マガジンハウス 朝日新聞社 光文社 主婦の友社 芳文社 リクルート  

  個展歴

1984年  時の罠 [わな]      於銀座ナガセフォトサロン 他 
1986年  時の翳 [かげり]     於大阪ナガセフォトサロン
1988年  花の手紙        於銀座コダックフォトサロン
1990年  時の風         於新宿オリンパスギャラリー
1992年  焚書 [ふんしょ]     於銀座コダックフォトサロン
1995年  Windows          於新宿オリンパスギャラリー
1996年  瓔珞[ようらく]      於神楽坂 Do Well Powwow
1997年  時の舞         於銀座コダックフォトサロン
1999年  神楽坂ほつき歩き    於神楽坂 Do Well Powwow
2001年  光の歴程        於銀座コダックフォトサロン
2002年  悲しい旅人       於新宿アイデムフォトギャラリー[シリウス]
2004年  花占          於新宿アイデムフォトギャラリー[シリウス]
2006年  欧羅巴の誘惑     於成田国際空港NAAギャラリー
2007年  歪んだ真珠       於銀座コダックフォトサロン

  連絡先

162-0834 東京都新宿区北町39
FAX    03-3260-1501
E-MAIL  seki_ken-ichi@mbc.nifty.com