Vol.1

 サント・ジェルトリュード修道院聖堂(Eglise Collegiale Sainte-Gertrude de Nivelles)はベルギー ワロン地方 ブラバン・ワロン州 ニヴェール市の中央にあります。フランドルのモザン美術とオットー朝建築様式の典型とされています。1046年、神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒ三世によって建てられました。1940年にドイツ軍の爆撃によって破壊されましたが、1970〜1980にかけて再建されました。その時西正面の塔は爆撃前のゴシック様式の尖塔から、八角形の後期ロマネスク様式の塔に復元されました。
 2つの翼廊を持ち東西に祭室があります。東西の祭室の距離は100m以上 身廊の巾は25m  翼廊部は44mあります。鐘楼の高さは50mになります。

 

1-1 西正面

 

1-2 西正面

 

1-3 八角形の鐘楼

 

1-4 西正面の南小塔

 

1-5 南小塔のジャックマールの像 真鍮製で1400年にさかのぼるとされ1617年市庁舎から移動された

 

1-6

 

1-7

 

1-8 南側

 

1-9 南側

 

1-10 南東から

 

1-11 北東から

 

 Vol.2

  index